こんな現場監督にはなりたくない!ダメ監督の例

OZPA_hi-rudehumarerudansei_TP_V

どんな業種でも、世の中には仕事のできない人というのはいますよね。
これは建設業界に限ったことではないのですが、建設業界にももちろん仕事のできない人はいます。
特に、現場監督なのに出来ない人がいると、どうにもがっかりしてしまいますよね。
今回は、そんなダメ監督の本当にあったエピソードを例にご紹介します。

メモを取らず、覚えもしない新人監督

仕事ができない人の特徴として、メモを取らないということが言えます。
ある新人現場監督は、新人であるのにもかかわらずメモを持ち歩かず、上司からかなり多くの指示があっても全くメモを取りませんでした。
そうとう記憶力がいいのかと見ていると、実際には何も覚えておらず上司に何度も聞き直すことに。
メモを取らなくても覚えられ、差し支えなく仕事ができる人なんて滅多にいませんよね。
特に新人の現場監督の場合にはメモは必須なのではないでしょうか。

返事だけは立派な現場監督

いくらハキハキしていても、威勢のいい返事だけでは意味がありません。
ある現場にも、返事だけは申し分なく立派な現場監督がいました。「はい!」と元気に返事をするので、「理解してくれたのかな」と思って待っていたものの、いつになっても仕事が上がってきません。
「終わったのか?」と問いただすと、「全く終わっていません!」と。もう既に指示している側は怒っているのに、相変わらず返事だけ立派な姿には周りもあきれてしまいます。

やってるフリが得意な現場監督

仕事ができないと言われる人の中には、自分が次にやるべきことが見つけられず無駄に動き回ってしまっている人がいます。
何をすべきかわからないけど、何かしていないと上司に叱られると思い、全く使っていない部屋を片付けてみたり、既に用済みで不要な書類の束を仕分けてみたりなど、意味のない作業に時間を割いているのです。
ある現場監督も、上司が見ている時にはとにかく何かしら手を動かして「やってるフリ」をする人でした。しかし実際には意味のない仕事で、その上全く進んでいません。見かねた上司が指示を出すと、意気揚々と言われたことを始めるのです。
本人は「仕事した顔」をするのですが、周りからしたらその人がいない方が仕事が捗ると思えてしまうようです。

言い訳だらけの現場監督

仕事のできない人は、言い訳も達者です。そして言い訳の量が尋常じゃないのです。
ある現場監督は、仕事の間違いを指摘された時に、「それ僕がやったんじゃないです」やら「言われた通りにやりましたよ」やら「教えてもらってません」などと、次から次へと言い訳を並べます。
分からなければ聞けばいいものを、このような人ほど上司の話を聞かずに自分のやり方で進め、失敗してしまうのです。

まとめ

現場監督という責任ある立場の人の中にも、仕事のできない人や問題のある人がたくさんいるようです。
施工会社への転職を考えている人も、自分がこうならないように気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする