施工管理のお仕事体験談①|23歳男性

00_PP01_PP_TP_V

施工管理のお仕事体験談。第1回目は、中小企業の商業施設内装施工管理を現在担当している23歳男性の方のお話です。
早速、ご紹介します。

年収

300万円未満

体験談

仕事内容に関して

見積もりや利益を照らし合わせて頭をフル回転し、少しでもコストを抑えて施工することが何よりも大事です。
現場作業が始まると朝7時には現場へ行き、アイン機の職人さんが現場に入るときは新規入場の書類を作成。
現場の状況は目まぐるしく変わり、毎日新しいルールや工程、安全面などを会議しています。
お客様やゼネコン、内装管理、設計、また下請けの業者などからも電話やメールがたくさん入り、対応に追われます。
下請けがミスをすればそれは施工管理の責任なので怒られ、気づいたら残業しています。

この仕事の良いところ

人とコミュニケーションをとりながら一つのものを作り上げることにやりがいを感じます。
知識や人脈のある人なら、出世や独立もしやすくなります。

この仕事の悪いところ

とにかく毎日忙しく、残業が多いです。時期や会社によっても異なりますが、月70時間の残業もざらにあります。
休みは余り取れず、遅く帰って早く出るというのが日常になります。
それでもやりがいを感じることができれば、続けられるでしょう。

まとめ

この方がまだ若いということもあってか、なかなか過酷な状況にあるようですね。
しかし色々な人と協力して一つのものを作り上げるということにやりがいを感じてもいるようです。
やりがいを見つけて上手く仕事していくというのが続けていく秘訣かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする