施工管理技士の資格の種類で変わる仕事の範囲

topimg2_2

現場監督に求められる資格の種類

現場監督には、建築士や建築施工管理技士などの資格が求められます。
携わる仕事によって資格の種類が細かく分類されているので、自分にとって必要な資格やスキルアップのために取得する種類をよく考えた上で、資格の取得を目指しましょう。

それぞれの資格で携われる仕事の範囲

建築施工管理技士の資格は、いくつかの種類に分けられます。
それぞれの資格によって、担当できる仕事が大きく変化します。ここでは施工管理技士に焦点を当て、それぞれの資格毎に携われる仕事内容を紹介していきます。

建設機械施工技士
建設機械施工技士の資格を持っていると、建築現場で使われている小型のものから大型の機械用いた施工の指示や監督したりと、主任技術者とあいて施工管理できる資格です
土木施工管理技士
土木工事は、たくさんの技術者が関わり、技術者たちをまとめ工事を計画通りかつ安全に進めなければなりません。
土木施工管理技士の資格があると、土木工事を滞りなく進めるために欠かせない「主任技術者」や「監理技術者」になることができます。
建築施工管理技士
建築施工管理技士の資格があると、建設工事に関わる全て
の工事において施工計画を立てて、現場で施工管理や安全
管理を行うことができます。
電気工事施工管理技士
電気工事施工管理技士の資格があると、建設工事において
電気工事の監督や施工管理・安全管理を担当することがで
きます。
管工事施工管理技士
菅工事施工管理技士の資格を持っていると、菅工事の施工
計画や安全管理、施工管理などを行うことができます。
工事現場に欠かせない主任技術者や監理技術者に就くこと
もできます。
造園施工管理技士
造園施工管理技士の資格があると、公園や緑地、遊園地などの造園工事の施工計画や現場の工程管理、資材などの品質管理、安全管理などの仕事を行うことができます。

まとめ

以上のように、施工管理技士の資格の種類によって携われる仕事の範囲が変わってきます。
そのため、自分にとって必要な資格をよく確認した上で、施工管理技士の資格取得を目指しましよう。
また、資格によって受験資格が異なるので、注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする