頼られる現場監督の特徴とは

0I9A100015030106yubi_TP_V

皆さんは現場監督という立場の仕事にどのような印象を持っていますか?
現場を統括する監督ですから、頼られている印象が強いですよね。
しかし頼られる人にはやはりそれなりの理由があります。ではいったいどんな人が現場監督として頼られるのでしょうか。
今回は、頼られる現場監督の特徴についてお話しします。

頼られる現場監督の特徴

建築の技術がある

建築に関しての技術を持っていると、信頼を得ることができます。
また、技術をわかりやすく示す方法として資格があります。例えば国家資格を持っていれば、現場ではそれだけで威厳になるでしょう。

危険予知に優れている

建設現場というのはどうしても危険がつきもの。事故の原因はそこら中に転がっています。
そんな危険をいち早く察知し、事故を未然に防ぐことができるような人は仲間からの信頼も厚いですね。

問題解決ができる

建設の現場では、天気や道路状況、また近隣住民とのトラブルなど、様々な問題が生まれてきます。
こういった問題をいち早く解決できる能力のある人は、現場で重宝されるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

建設現場では、建て主や作業員、役所の職員や近隣住民など様々な人との関わり合いがあります。
施工を工期通り終わらせるには、そういた人々とのコミュニケーションを円滑に行う必要があります。
そのため、現場の外の関係者との関係性を上手く築くことは現場において大きなプラスとなるでしょう。

説明が上手い

建設業では、人に何かを説明するという場面が非常に多いです。
図面などをもとに施工の内容や変更事項などを言葉で説明するのは決して簡単なことではありません。
いかに簡潔にわかりやすく説明できるかによって、施工が円滑に進むかどうかが分かれてきます。

暗算が得意

暗算の能力というのは、現場の仕事をする上で意外にも活きてくるものです。
打ち合わせなどで「ここの寸法とここの寸法を足すと」なんて話になった時に、パッと暗算することができたら見直されること間違いなしですね。

まとめ

現場監督には、建築の知識や技術はもちろんのこと、その他のいろいろな能力が求められているようです。
全てを完璧にこなすのは容易ではありませんが、少しでも多く現場監督の適性を身につけられると現場で重宝されるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする