女性の現場監督に必要な能力

tsuchimoto0I9A6635_TP_V

近年、「けんせつ小町」と呼ばれる女性現場監督の姿が多くの建設現場で見られるようになりました。
年上男性作業員たちに指示を出さなければいけない女性の現場監督というのは、女性の職人よりも難しいと言われています。
それでは、女性の現場監督にはいったいどんな人が向いているのでしょうか。
女性現場監督に必要な能力について見ていきましょう。

笑顔を絶やさない

笑顔を絶やさないことというのは、女性現場監督の強みであり、最も必要な能力であると言えます。
建設現場の作業員は、おおよそ20〜50代の男性ばかり。建設現場において女性と話す機会なんてまずありません。
そんな環境の中にあって、女性の存在というのはそれだけでモチベーションの源となるのです。
現場がどんな苦境にあっても笑顔であり続ける、そんな女性現場監督がいれば、作業員は本来の何倍もの力を発揮することができるでしょう。

頼るところは頼る

力仕事などにおいて、男性に頼ることができるのは女性現場監督の特権です。
建設現場で働く男性というのは怖いイメージが強いかもしれませんが、「女性を守る」という意識を強く持った男らしい人が多いのも事実。「女性に重いものなんて持たせられない」という気持ちを持っています。
それに、男性は女性に頼られると嬉しいと感じるはず。男性作業員に上手く頼ることで、現場をうまく回すことができるかもしれません。
資料作りや整理など、女性には女性に見合った仕事があります。男性が得意な仕事に関しては積極的に頼っていきましょう。

綺麗好きである

綺麗好きであるということは女性の強みではあるものの、見方を変えると「当たり前」であるという意識も持たなければいけません。
女性現場監督が指揮をとる現場というのは、綺麗だというイメージを持たれることが多いです。もし綺麗だった場合には「やっぱり女性の現場は綺麗でいいな」と思ってもらえますが、仮に汚かった場合には男性監督の場合以上にがっかりされてしまう可能性があります。
仕事に直接関係があるわけではないようにも思えますが、現場の環境によって仕事のモチベーションも変わってくるため、女性現場監督だからこそ綺麗好きでありましょう。

派手すぎない

女性とはいえ現場の責任者。あまり派手な見た目をしていては、信用に関わってきます。
現場の若い職人には髪の色などを派手にしている人もいますが、職人とは立場が違うということを考えなければいけません。
男性ばかりの現場で紅一点というのは、ただでさえ目立ちますから、少し派手にしているだけでもかなり目に留まります。
現場の花形であり顔として、身なりには気をつけましょう。

まとめ

女性の現場監督というのは、やはり男性現場監督とは求められているものが違うようです。
男性の中に一人で入るのは気楽なものではありませんが、女性の強みを生かしてより良い現場を作っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする