現場監督の仕事内容

PASONA_3_TP_V
施工管理とも呼ばれる現場監督。【俺の夢】など建設専門転職サイトなどで、求人情報をよく目にします。
【辛い】というイメージが強い現場監督ですが、実際にはどのような仕事をしているのでしょうか。現場監督の仕事内容や勤務状況を知ってみましょう。

現場監督の仕事を知ろう

現場監督の仕事内容
現場監督とは土木工事・電気工事・建設現場などで、技術者たちをまとめる役割の人。技術者たちが仕事を進めやすいようスケジュールを組んで安全を確保したり、依頼主が納得いくよう品質を管理したり。
現場の掃除・納品された部品に不備が無いかチェックするのも仕事です。

現場監督の仕事で身につくスキル

現場監督を経験すると安全管理・必要な人員や人材の整理・建設現場の作業工程、そして全体を俯瞰して見るディレクションスキルが身につきます。
また新たな工法・仕様が次々に生まれる業界なので、現場に身を置いていると最新の建設方法を知っていくことができます。

現場監督に必要な資格

現場監督には建築士・建築施工管理技士などの資格が必要とされます。さらに次の資格を持っているとより有利になるでしょう。

現場監督として有利になる資格

  • 一級建築士
  • 1級建築施工管理技士
  • JR工事管理者
  • 管工事施工管理士(1級・2級)
  • 1級土木施工管理技士などを

現場監督のやりがい・辛いところ

現場監督のやりがい

やりがい① 形に残る

現場監督だけでなく技術者たちにも言えることですが、自分か関わった仕事は建築物としてすべて残ります。現場監督はその現場のほとんどを取り仕切ったので、達成感は人一倍感じるはずです。
自分が携わった建築物のそばを通るとき、その建築物が話題になったとき誇らしく感じるでしょう。

やりがい② 人の夢を背負っている

建築物にはそれぞれ目的があります。例えばマンション建設であれば、そこに住む人の生活を支える基盤になります。そしてそのマンションに住むことを楽しみにしている契約者がたくさんいます。
建築物はそこに住む人・足を運ぶ人の夢を背負っているといえるでしょう。現場監督として、その夢をサポートできるのは大きな経験です。

現場監督の辛いところ

失敗したときの金額が大きい
現場監督は失敗をすると、よければ数十万・大きい時には数百億の損失を出してしまうことがあります。
入社してある程度の期間が経つと部分的な担当者になるので、失敗してしまうと責任を負うことになります。
そういった部分ではプレッシャーがついてくるのは、新人・ベテランでも辛いかもしれません。

現場監督の平均年収・月収

現場監督の平均年収は約340万円・平均月収は約24万円です。工事の規模が大きいほど、把握する部分も多くなるので収入もあがります。
また施工管理技士などの資格を持っていると、作業現場の知識・進捗管理などのスキルがあるので年収・月収はアップします。

現場監督を経験した感想

建物が完成する過程に立ち会える(32歳・男性)

掃除をしたり買い出ししたり、雑用的なこともこなしながら現場監督の仕事をしていました。日が経つにつれ、現場でコミュニケーションをとれるようになり建築物が完成していく過程を見れるのは嬉しいですね。
</div>

達成感がすごい!(45歳・男性)

担当した工事が完了して、出来上がった建築物を見るときの達成感はすごいです。
現場を離れるときには少し寂しいと感じますが、次の現場に入るときには「また達成感を味わえるよう頑張ろう」と思えますね。

>>現場監督の転職求人を探すならこちらがおすすめ

まとめ

現場監督は【監督】と呼ばれますが、現場を回すために時には雑用もしなければいけません。その代わり、建築物が完成したときには胸を張って自分が統括したと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする