たくさんある求人広告

求人広告の媒体は多種多様です。

求人広告を有効に掲載する方法

このサイトでは、たくさんある求人広告について紹介していますが、トップページでは一般的な求人広告の出し方を書いています。

これから掲載の予定がある方は、参考にしてください。

036869

●広告を掲載するときの注意点

・見るべきポイント

求人広告を転職サイトに掲載しようとするときには、いくつかの注意点があります。

まずは、そのサイトがどの分野を得意としているのかを見極めなければなりません。

それは、求人者の特性も同じです。

IT系に強く、若い人がよく見る、というサイトもあるわけです。

そこに管理職の募集をかけても効果は大きくないでしょう。

・広告のサイズ

次に、出稿する記事の大きさにも注意が必要です。

期間は2週掲載か4週開催、サイズは5種類程度の大きさから選ぶことになるのが一般的です。

そして、自社がどの業種に属しているかで市場の動向は変わってきます。

買い手市場であることがほとんどですが、医療業界は売り手市場です。

その点の見極めをしなければなりません。以上のような注意点は、ただサイトに依頼するだけでは分からないものです。

その際は、求人広告代理店を利用するのもひとつのやり方です。

●求人広告の充実

・オプション機能

サイズの一番大きな求人広告になると、フリーデザインページがつきます。

ここは写真とともに企業の理念など載せて、大きくアピールするページです。

掲載料も高い分、検索結果の上位に表示されることになります。

ここは、予算と相談する必要があるでしょう。

記事の内容は、写真、条件、紹介文章などですが、文章には会社の特性がよく出ます。

冗長にならないように気をつけて書きましょう。

また、通常は、広告媒体に依頼してから掲載までに一ヶ月程度の時間がかかります。

急募をかけることもできますが、選考過程もあるので、募集には余裕を持って臨みたいところです。

●代理店の利用に関して

・代理店のおすすめサービス

効果的な求人広告を掲載しようと考えたら、求人広告代理店を利用することを考えてもいいと思います。

代理店は、自社の人事をサポートしながら出稿を進めてくれます。

採用に関して経験が浅い企業では、参考になることが多いでしょう。

また、代理店が行うのは広告の掲載のみではありません。

動画を作成して求人広告を強化する、書類選考を代わりに行う、セミナーを開催して社員教育を行う、外国人を採用するなど、多岐にわたります。

この中で自社にとって有益だと思えるものがあれば、相談をしてみてもいいのではないでしょうか。

求人広告を上手く活用する方法